中堂来というのは、鎌倉時代の山城國のものだと言われています。この中堂来は来光包のことだとも言われています。来国俊の門人で、備中国長船長光にも学んだそうです。後に比叡山延暦寺根本中堂に籠もって作刀したと伝えられているそうです。
國俊に似た作刀だそうです。中島来というのは、鎌倉時代後期から南北朝時代の山城国、摂津国のものだと言われています。来国俊門人の國長のことだそうです。摂津国中島に居住したことからそう呼ばれているんだとか。作風は来國光に似ていると思われます。當麻というのは、鎌倉時代の後期の大和国のものだと言われています。大和五派の一派のことを指すようです。國行を初祖として、有俊、有清、有行などがいると言われています。板目肌が強く現れていて、沸出来の直刃小乱を特徴としているという説があります。保昌というのは、鎌倉時代後期の大和国だそうです。大和五派の一派は、大和国高市郡に居住した一派だと言われており、貞宗、貞吉、貞清、貞興などが在籍していたようです。柾目鍛えで二重刃や喰違いなどが入る直刃だそうです。帽子は焼き詰めだそうです。手掻というのは、鎌倉時代後期の大和国で、大和五派の一つだそうです。東大寺転害門の門前で作刀していた一派だそうです。板目交じりの柾目肌に喰違、ほつれ、二重刃などが入る直刃と言われていました。帽子は掃きかけだそうです。尻懸というのは、鎌倉時代の後期から南北朝時代の初期、大和国のものだと言われています。大和五派の一派で、則長を初祖としていると言われています。柾がかかる板目鍛えの地鉄に、小互の目交じりの直刃調の刃文を特徴としているという説があります。龍門というのは、鎌倉時代後期で大和国のもので、千手院派の流れを汲んでいるそうです。刃文は浅い小乱刃なのだそうです。