無銘刀というのは、作者などの銘が切られていない刀のことだそうです。鎌倉時代から南北朝時代に製作された刀剣類というのは、長寸だったそうです。そのため、戦国時代から江戸時代の初期のものは実用に使用できるゆな寸法だったそうです。磨上げは茎尻から切り詰めるということで、作者の銘が消失することが多かったそうです。これによって無銘となった刀剣類の作者や流派を鑑定する必要が生じたそうです。この場合、作者を個々に限定するということはせずに、流派の特徴を捉えて鑑定することが多いそうです。また、製作当初から無銘というものも存在するそうです。古京というのは、平安時代から鎌倉時代の山城物となるそうです。三条派の宗近、五条派の國永、粟田口派の國友、久國などがいるそうです。古備前というのは、平安時代から鎌倉時代で、備前国のものだそうです。友成、正恒、包平、吉包、助包などがいるそうです。腰反りが深くて、踏ん張りがあるそうです。先が伏ごころのある太刀姿だそうです。板目鍛えの地鉄に地景が交じっていて、刃文は直刃か浅い湾れに複雑な小乱れ刃だそうです。古伯耆というのうは、平安時代から鎌倉時代初期の伯耆国のものだそうです。童子切安綱を代表とした、その子と伝えられる大原真守、その流れを汲む有綱、貞綱、安家、友安などがいるそうです。力強い太刀姿に、肌立つ板目鍛えだそうです。刃文は匂口の売るんだ小乱れ刃、刃中複雑に乱れているそうです。古波平というのは、平安時代から南北朝時代の薩摩国のものだそです。波平派というのは、永延年間頃に大和から移住した正國を初祖とするそうです。区上を焼き落としにするのが特徴として顕著なのだそうです。